中級レベル(B1) / EF SETスコア 41 - 50

中級レベル(B1)は、CFERの3つ目の語学力レベルに位置づけられています。日常会話のあらゆるコミュニケーションにおいて、「中級レベルの英語を話すことができる」と言える学習者をさしています。このレベルにおいては、学習者は基礎的な英語力を一通り身につけているものの、ビジネスで英語を使用することや、英語圏の大学・大学院などで学ぶには英語力が不十分であるとされます。

英語診断を受ける(簡易版) 英語診断を受ける(公式証明書版)

英語のB1レベルかどうかを知る方法

英語のB1レベルかどうかを確かめるには、質の高い標準テストを受けることです。広く認められている主要なテストのリストとB1レベルに対応する点数は下記をご覧ください:

テスト名

B1レベルに相当する点数

EF SET

41-50

IELTS

4.0-5.0

TOEIC Listening

275-395

TOEIC Reading

275-380

TOEFL

42-71

英語のB1レベルでできること

英語の B1レベルは、英語を話す人と馴染みのある話題に関して話し合うのに十分です。職場では、英語のB1レベルの人は、馴染みある話題に関する簡単な報告書を読み、自分の専門分野に関する簡単なEメールを書くことができます。しかし、B1レベルは、英語の職場で完全に機能するのには不十分です。

CEFR ガイドラインによると、英語のB1レベルの人は:

  1. 仕事、学校や遊びの場面で頻繁に経験する身近な事柄に関する明確で標準的な情報の要点を理解できる。
  2. その言語が話される地域を旅行する間に起こり得るほとんどの状況に対応できる。
  3. よく知っている話題や、個人的に興味がある話題に関して、単純な文を繋げることができる。
  4. 経験、出来事、夢や希望、志について語り、自分の意見や計画に対する理由や説明を簡単に述べることができる。

B1レベルの英語力の詳細

教育上、公認のCan-do リストがさらに細かく分類されます。能力をより細かに分けることで、本人が自己の英語のレベルを評価したり、教師が学生のレベルを評価するのに役立ちます。例えば、英語のB1レベルの学生はA2レベルができるすべてのことに加えて、以下のようなことができます:

  • 私的、または職業上での将来の夢や希望について話し合う。
  • 就職の面接をアレンジし、自分の専門分野での仕事の面接を受ける。
  • テレビを見る習慣や好きな番組に関して話す。
  • 自分の教育や将来のトレーニングに関する計画を説明する.
  • 好きな音楽や音楽のトレンドについて話し、夜にライブを見に出かける計画を立てる。
  • 健康的なライフスタイルを維持することに関して話し、健康的な習慣に関するアドバイスをしたり、受けたりする。
  • ソーシャルメディアを通して人に会うなど、人間関係やデートに関して話す。
  • レストランに行き、食事を注文し、礼儀正しく夕食時の会話をし、代金を支払う。
  • わからない点を教えてくれる人がいれば、自分の専門分野での交渉に参加する。
  • 職場の安全に対して話し合い、ケガの報告をし、規則や規定を説明する。
  • 礼儀正しい行為を話し合い、無礼な行動に対して適切に対応する。

進歩の度合いはコースの種類や個々の学生によりますが、累積学習時間400時間で英語のB1レベルに到達することが期待できます。

次にすべきこと

B2 英語レベルについてと、準上級レベルに達すると何ができるかをご覧ください。